スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産み分けに向けての性生活

「セックスで女性が感じたら女児が出来る」という噂が存在します。下世話な迷信にも思われますが、この俗説には科学的な根拠が存在して いたのです。
セックスの最中に女性が感じると、アルカリ性の愛液が膣内に分泌され、X精子の活動が阻害されてしまうことに起因します。

夫婦のセックスにおいて、女性がオルガスムスを感じると、分泌液によるアルカリ性が高まりますので、ますます子宮内の酸性が弱まり、受精が行なわれた場合、子宮内の環境は、X精子よりもY精子が有利となっておりますので、結果的に男児が受精する可能性が高くなってくるわけです。

つまり、排卵日直前にセックスをするとY精子が有利となり、男児を受精する可能性が高まるわけですが、女性が感じるセックスをしても、Y精子が有利となり、男児を受精する可能性は高くなるわけです。


男の子産み分け方法&情報ブログ
◆リン酸カルシウム(リンカル)の激安個人輸入ならABCサプリマートへ!◆
スポンサーサイト

テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

リン酸カルシウム
◆驚異の産み分け率◆
男の子産み分け方法&情報ブログ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。