スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産み分け実行方法-男の子が欲しい場合

排卵日で産み分けがコントロール出来る原理は、女性の膣内は酸性で保たれてい場合に限ります。この環境では、X精子(女児受精用)は強く、Y精子(男児受精用)は、弱い傾向があるのですが、排卵日の当日は、頚管粘液がアルカリ性なりますので、この日はX精子(女児受精用)よりもY精子(男児受精用)の活動が有利になるのです。

確実に男児を授かろうと思えば、この排卵日に子作りをして、X精子よりもY精子が有利な状況を作り出してあげる必要があるのです。
男児を望む場合の子作りセックスは、実施すべき排卵日は1ヶ月に1度とピンポイントで指定されているのです。

射精する位置に関しても、子宮までの距離を出来るだけ短くすることにより、寿命の短いY精子が卵子にたどり着けるようにする配慮を行います。

このように、男の子を産むためには、いろいろと煩わしいことが多いわけですが、なにしろ、チャンスは1月に1度、年間12回しかありませんので、その日には、必ず子作りセックスをする必要があるのです。


男の子産み分け方法&情報ブログ
◆リン酸カルシウム(リンカル)の激安個人輸入ならABCサプリマートへ!◆
スポンサーサイト

テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

リン酸カルシウム
◆驚異の産み分け率◆
男の子産み分け方法&情報ブログ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。