スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産み分け原理

男女の性差は、精子の中の染色体2種類のどちらが受精するかで決まります。

卵子にはX染色体そして、精子には、X染色体とY染色体を持つものがあって、その精子どちらが受精するかによって、男女が決まります。

X染色体の精子 + X染色体の卵子 = XX染色体の受精卵 ⇒ 女児が受精
Y染色体の精子 + X染色体の卵子 = XY染色体の受精卵 ⇒ 男性が受精


Y染色体の精子は、X染色体の精子の約2倍の数が作られます。
なぜなら主に酸性の環境にある膣の中での寿命がY精子は極めて短いことに起因します。

女性の膣の内部は女性の膣の内部は防ぐ為、酸性なのですが、精子はアルカリ性なのです。

Y精子よりもX精子の方が長く生きられるという傾向があり、Y精子の寿命が約1日であることに対して、X精子の寿命は2~3日となっています。

この寿命の差を補うために、Y精子はX精子の2倍ほどが作られているわけです。

酸性環境に弱く、寿命は半分で、数は2倍:Y精子(男児を受精)
酸性環境に強く、寿命は2倍で、数は半分:X精子(女児を受精)

「男腹」や「女腹」といった呼ばれ方もしてたことがあるように、、女性の体の側にも、産み分けに影響を及ぼす環境の要因が存在します。
基本的にその女性の体質や体内環境で、男女の受精傾向が決まることもあるようです。
Y精子とX精子の特長の違い、女性の体内の状況。これらを着目し、人間の意思で受精をコントロールする方法が、「産み分け」となっています。


男の子産み分け方法&情報ブログ
◆リン酸カルシウム(リンカル)の激安個人輸入ならABCサプリマートへ!◆
スポンサーサイト

テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

リン酸カルシウム
◆驚異の産み分け率◆
男の子産み分け方法&情報ブログ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。