スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産み分けの倫理

産み分けの技術が開発された目的には、色盲、血友病、仮性肥大症、夜盲症、筋萎縮症などの伴性遺伝を回避することにありました。
これらの原因となる遺伝子は、性別に従って発症する傾向があるため、男女の産み分けをコントロールするものでした。


例えば、色盲の場合などは、男性全体の5%程度に症状が見られ、発症すると職業選択や結婚などで不自由を感じるケースもあるようです。この病気の遺伝は、保因者(父親)の娘として生まれた女児も保因者となりますが女性には発祥しないため、その女児がやがて男児を生んだ際、孫の世代において発症する仕組みとなっています。そのため、この保因者の家系では、男の子を産まずに女の子を産み分けていけばいいという理屈となるわけです。

しかし近年では、親のエゴによる産み分けがなされるわけですが、それがあまり行き過ぎると、「種」としての生存リスクを犯してしまうことにもなりかねないのです。
これらは現代においての「産み分け」に関する倫理的課題となりつつあると言えるでしょう。


男の子産み分け方法&情報ブログ
◆リン酸カルシウム(リンカル)の激安個人輸入ならABCサプリマートへ!◆
スポンサーサイト

テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

リン酸カルシウム
◆驚異の産み分け率◆
男の子産み分け方法&情報ブログ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。