スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パーコール法」とは何か?

男女を産み分ける療法の一つに、「パーコール法」があります。あらかじめ採取した精子をパーコールという薬品を用いて、X染色体とY染色体の精子に分離させ、男女の産み分けを実現するという方法です。X精子がY精子より重いということを利用して、その比重の違いから女児の受精確率を高めるわけです。

しかしながら、このパーコール法に使用する液体パーコールには、エンドトキシンという内毒素が微量に含まれていたため、90年代半ばには日本産婦人科学会で禁止されてしまいました。その後2006年4月に、パーコールの安全性に問題がないことが確認され、再びパーコールの使用が認められました。

実はこのパーコール法、産み分けの精度が飛躍的に上がることから、日本の産婦人科学会あまり積極的には奨めていないのです。何故ならば、理想と異なる妊娠をした場合に人工中絶が増えてしまうのではないかという懸念があるからなのです。しかしながら、皮肉ではありますが、産婦人科学会の子の態度は産み分けに対するパーコール法の有効性を多角評価していることを認める形になっているのです。そのようなことからも、パーコール法は最も有力な産み分け法として多くの人に認識されているのです。


男の子産み分け方法&情報ブログ
◆リン酸カルシウム(リンカル)の激安個人輸入ならABCサプリマートへ!◆
スポンサーサイト

テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

リン酸カルシウム
◆驚異の産み分け率◆
男の子産み分け方法&情報ブログ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。