スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産み分けの歴史

人類の長い歴史の多くは「男系社会」であり、男やはり児の誕生を待望する気風が強く、男女の産み分けは太古の昔から、人々から強い関心を持たれてきました。現代のアメリカでは産み分けの専門病院があるまでになり、スーパーなどで産み分けキットが販売されるまでにもなっていまずが。「産み分け」の歴史はどんなものだったのでしょうか?

紀元前ギリシャのアリストテレスの時代にも男女を産み分けるというのは人々の関心事でしたし、多くの宗教や、呪術などにより、その祈祷などが行われてきました。
また数多くの迷信や俗説が世界中で飛び交ってきたわけですが、やがて近世になり、科学の力によって、産み分けする方法を発見した人物が現れました。

アメリカの生殖生理学者ランドルム・B・シャトルズという博士が、1960年に位相差顕微鏡を用いて、2つの異なった形状を持つ精子(X精子とY精子)を発見し、これら精子を実際分けることによって男女産み分けが可能になったのです。当初はキリスト教会等が自然界の理屈に逆らう行為とし、避難された産み分けですが、

しかしながら、現代においてなお、問題となっているように、シャトルズ博士がこの方法を発表した際には、自然界の理屈に逆らう行為として、激しい非難を浴びました。ローマカトリック教会が賛成の表明したことにより、男女産み分けは人々に受け入れられるようになったのです。


男の子産み分け方法&情報ブログ
◆リン酸カルシウム(リンカル)の激安個人輸入ならABCサプリマートへ!◆
スポンサーサイト

テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

リン酸カルシウム
◆驚異の産み分け率◆
男の子産み分け方法&情報ブログ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。